新着情報
なお、基本的な構築部分は こちら で掲載されている記事をベースにしております。 1.仮想マシン 今回はVirtualBoxにUbuntu 18.04をインストールし、そこに構築していきます。 予めSELinux、Firewallを外しています。 スペックは4CPU、16GBと若干贅沢なものを使っていますが、単なるゲートウェイとして使う場合はそこまでは必要ないはずです。 2.Docker、docker-composeのインストール ・Dockerのインストール オフィシャルのスクリプトで行います。 $ curl -fsSL https://get.docker.com -o get-docker.sh$ sudo sh get-docker.sh dockerグループに操作ユーザーを加えて再ログインします。 $ sudo usermod -aG docker $USER ・docker-composeをインストールします。 $ sudo curl -L "https://github.com/docker/compose/releases/download/1.25.4/docker-compose-$(uname -s)-$(uname -m)" -o /usr/local/bin/docker-compose$ sudo chmod +x /usr/local/bin/docker-compose 3.Guacamoleのインストール ・作業ユーザのディレクトリにguacamoleディレクトリを作成します。 $ mkdir guacamole$ cd guacamole/ ・⁠docker-compose.yml を作成します。なお、ファイル内の「⁠gu...
「Apache Guacamole」の名称の由来 Guacamoleはメキシコのサルサ料理の1種で、いわゆるアボガドべースのディップソースです。 緑色が鮮やかでおいしいですよ(個人的な好みですが) ここではApache Guacamoleの導入方法を簡単に掲載したいと思います。 当方で構築を行う場合は、もちろんこれ以外にもマニュアルの作成や、画面ログや接続ログの設定など多々細かな対応を行いますが、ご興味がある方が容易に試すことができるのもオープンソースの良さなので、ざっと書いてみたいと思います。  
現在はいわゆるクラウドが非常に流行していますが、特に非常に小規模な事業者様の場合、なんでも外部サービスを使うとなると逆に高くついてしまう場合があります。 また、機密性の高いデータを社外に保存するということに不安を覚える方もまだまだいらっしゃると思います。 かならずしもクラウドが最善でない場合もまだまだあります。 そんな小規模なインフラの構築について是非お手伝いさせてください。 ■サーバ構築 ・ファイルサーバ・Webサーバ・ADサーバ・メールサーバ・ウィルスチェックサーバ・プロキシサーバ ■ネットワーク構築 ・ルータ、スイッチ設定・ネットワーク配線 勿論、必ず社内でやらなくてはいけないものでもありません。すべてはケースバイケースになります。 それでも何か気になることがあればぜひ お問合せ 下さい。  
社内教育は非常に難しいものです。 入社前、入社直後の社員教育、技術教育、そしてOJT、リーダー教育など、入社後も様々な教育を実施していかなければなりません。 「あいあいゆにっと」では現在、以下のような教育事業について対応しております。 ・文系出身の学生向けのIT初期教育 ・新入社員向け社会人教育 ・新入社員向け技術教育 また、こちらはご紹介になりますが、米国NLP協会™認定のトレーナーからの個別トレーニングなどもご案内可能です。 まずはご相談下さい。
Excelでの資産管理を置き換えましょう 資産管理をExcelでやっている事業所は数多くあるかと思います。しかし単一ファイルでの管理を行っていると、そこにほころびが出ることは往々にしてあります。 資産管理と一口に言っても色々なものがありますが。ここではPCやサプライ、そしてライセンスなどの管理を行うことができるオープンソースのツールをご案内します。 主な機能は以下になります。 ・基本的な資産、ライセンス情報登録 ・資産番号の自動発番 ・資産情報のQRコード化 ・期限が迫った資産(ライセンス等)のアラートメール通知 ・CSVから資産情報インポート ・Slackへの通知 インストールも容易で、かつブラウザベースですべての操作を行うため、別途クライアント側にソフトウェアの導入は不要です。 また、ユーザー情報などは既存のアクティブディレクトリやLDAPから同期することもできます。 特にリモート主体の環境において、従業員に支給するIT資産の管理が煩雑になってくる中、非常に有効なツールとなっています。  ■価格 単純構築の場合、基本費用は10万円程度を見込んでおります。ここに、詳細な使用マニュアルを作成する、ユーザー管理を行うといったサポー...
Webブラウザで利用可能な社内チャットサーバを構築できます。 「Rocket.Chat」は、Slackのようなビジネスチャットシステムを構築できるオープンソースソフトウェアです。 基本的に社内向けとしてご案内していますが、社内外のやり取りも設定により問題なく可能なソフトウェアですが、ここではソリューションの1つとして社内チャットとしてご案内します。 ■基本機能 チャットサーバなので、基本機能としてチャット、ファイルの送受信が可能です。 グループ作成、プライベートチャット、Botの作成など一般的なチャットソフトウェアの機能が使えます。 ■アカウントの外部連携 LDAPやActive Directpryと連携したユーザー認証が可能です。 ■その他の機能 Jitsi Meetと連携してWeb会議連携なども行うことができます。 ビジネスチャットが使いたいが、やはり社外に情報が出てしまう可能性があるのはどうしても気になるという方向けのソリューションとなります。 画面としては下記を見ていただけるとわかるのですが、Slackクローンといった趣です。もっとも他のチャットアプリケーションも、だいたいはSlackのUIを模したものが多いようです。 (MatterMostというこれもオープンソー...
Webブラウザで利用可能な社内会議システムを構築できます。 「OpenMeetings」は、Web会議システムを構築できるオープンソースソフトウェアです。 2020年初頭からの状況において、Web会議システムが用いられることも多くなってきました。しかし、社外の会議は良くても、社内の会議にまで外部のソフトウェアを使うということに抵抗がある経営層の方も多いかもしれません。 オープンソースのWeb会議システムは複数ありますが、ここではそのうちの1つ、Apache OpenMeetingsによるオンライン会議環境の構築についてご紹介します。 ■基本機能 一般的なWeb会議の機能はおおよそ利用可能です。 多人数によるWeb会議 カメラ、マイクの有効化、無効化 PC内資料の共有 ホワイトボードを利用してのディスカッション ■アカウントの外部連携 LDAPやActive Directpryと連携したユーザー認証が可能です。 ■その他の機能 ファイルの記録と画面共有 ファイルエクスプローラー(アップロードされたファイルの管理) カレンダーおよび会議のスケジュール、アナウンス機能 各種権限の詳細な割り振り、複数の会議室の運用 投票機能 全データのバックアップ(およびインポート) ■注意点 懸念点として...
Apache Guacamoleとは、遠隔地への接続をWebブラウザだけを用いて行うことができるオープンソースソフトウェアです。 今年、COVID-19の流行により、それまでも働き方改革の中で注目されていたリモートワークが一躍脚光を浴びました。 その中でも、事務所に置いた各自のPCへ、リモートから接続して作業を行うための仕組みについて、様々なサービスが提供されています。 しかし、ちょっとした規模の会社では、高価なシステムは費用対効果が本当に十分なものか、疑問があります。 Apache Guacamoleは、そんな中小企業がリモートワークを使えるようにするための助けとなります。 あいあいゆにっとでの、Apache Guacamoleを用いたリモートワーク環境構築サービスは こちら です。どうぞご検討下さい。    
2020/11/20 中小企業 デジタル化 支援サービス にIT専門家として登録しました。 ITに関する小さな悩み、なんでも結構ですので是非ご相談ください。 2020/11/11 11/11で「あいあいゆにっと」は9年目を迎えました。10周年に向けてより活発に活動をしていきます。 2020/10/26 サイトの再構築を行いました。 https://www.ii-unit.com はこちらに転送されます。 直前で使用していたツールの挙動が不十分だったため、再度の変更となります。 ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。
お問合せフォームになります。 ITに関するお困りごとがあれば、どんなことでもご相談下さい。 単純なIT化、ネットワークの置き換え、クライアントPCの処分のご相談や、一部システム化、システムの置き換え、コンサルティングなど多岐に承ります。 詳細な内容をお伺いし、規模間や内容によっては弊社から共同する各社へのご紹介も承ります。  
問題解決のお手伝いをさせてください 「コンサルティング」というと大仰な感じがしますが、文章にすると 「あなたの会社や業務において解決したい課題はありますか?その解決のお手伝いをします」 ということです。 中小規模の事業者様においても、様々な解決したい課題があるかと思います。 一例としては以下のようなものです。 簡易的な社員カードの作成とそれによる入退社管理 社内SNSの構築 社内グループウェアの構築  その他にも 各種ソリューション にてご紹介しているツール類にて解消できるような課題もあるかと思います。 是非1度 お問合せ 下さい。  
Webブラウザで利用可能なクラウドストレージを構築できます。 セキュリティに配慮したファイルの受け渡しや、大きなファイルの受け渡しなどの要件に対応できます。 「Nextcloud」は、DropboxやGoogle Driveのようなオンラインストレージを構築できるオープンソースソフトウェアです。 特に中小規模の事業者様においては、大きなファイルの受け渡しなどに、メールの添付送付ができずに苦慮したり、外部のシステムを利用したりといった問題を抱えていることがあると思います。 社内に受け渡し用のクラウドストレージを構築することで、この問題を解消できます。 もちろん、共有の領域を設けて社内の情報共有用に使ったり、各種アプリケーションを利用してグループウェアのように利用するといったことも可能です。 ログイン画面です。ユーザー名とパスワードは、システムとして設定することもできますし、OpenLDAPを用いたり、Active Directpryを利用することも可能です。 ■基本機能 一般的なクラウドストレージで行える機能はおおよそ実施可能です。 ファイルのアップロード/ダウンロード/削除 ファイルの共有/バージョン管理ファイル共有:有効期限や一時的なログインパス...
以下に構築、対応経験のあるオープンソースソフトウェアを記載します。 下記以外のものであってもぜひご相談下さい。 また、「こういった機能があるオープンソースのソフトウェアはないのか?」といったご相談についてもコンサルタントとしてご相談させていただきますので是非一度 お問合せ 下さい。 また下記にあるものについてはなるべく、簡単な実際の構築記事なども載せていければと思います。 ■OS ・CentOS ・Ubuntu Linux ・FreeBSD ■Webサーバ、リバースプロキシ ・Apache ・Nginx ■メールサーバ ・Postfix ■各種アプリケーション Apache Guacamole(リモート接続) Apache OpenMeetings(Web会議) NextCloud(クラウドストレージ、グループウェア) RocketChat(ビジネスチャット) SniperIT(アセットマネジメント) Zabbix(サーバ、ネットワーク統合監視)  
メリット ■メリット1:コストダウン やはり最も大きな理由はコストダウンです。 中小規模の事業者の方や、個人事業主の方は、システム更改や新規システムを利用しようと思っても、多額の予算をさけないことがあると思います。 むろん、大規模なシステムや、複雑な要件を必要とするのであればやむなしということもあるのですが、ある程度限られた機能のみの実現でよいが、クラウドなど外部にデータを置きたくないといったニーズもあるでしょう。 オープンソースのツールを利用する場合、無償で配布されているソフトウェアを利用するため、ライセンス料金を抑えることができます。 ■メリット2:自由度の高さ ベンダーソフトウェアの場合、過剰な機能が搭載されていたり、利用しないものがあっても価格が下がるわけではありません。 また、機能的な追加などの大きな変更、カスタマイズの自由度もさることながら、ちょっとした修正なども自由自在に行える点が大きな利点です。 たとえばちょっとしたアイコンなどの種類を変更する、文言の微妙な変更を行うといったこともすぐに対応が可能です。 こういった「痒い所に手が届く」部分も利点の1つと言えます。 ■メリット3:特定ベ...